インサイド Blizzard

BlizzConの再創造

BlizzConの再創造

Blizzardコミュニティの皆さんへ。

以前のお知らせで、来年の早い内の開催を予定しているとお伝えしていたBlizzConlineについて、私たちは一歩身を引いて再検討し、計画を保留することを決定いたしました。これは私たち全員にとって苦しい選択ですが、しかし正しい判断です。

BlizzConのイベントはいずれも、実施にあたり社員全員の尽力が必要です。自分たちの創造したものを、大切なコミュニティの皆さんと共有したいという思いを原動力とした、社を挙げたイベントなのです。現時点では、そういったショーを開催するために必要となるエネルギーは、私たちのチームと進行中のゲームや体験の開発へのサポートに向けるのが最善であるというのが私たちの考えです。

また、時間をかけて未来のBlizzConのあるべき姿を再考したいというのも事情のひとつです。初めてBlizzConが開催されたのは16年前のことで、状況は当時から大きく変わっています。特筆すべきは、様々な方法でプレイヤーとコミュニティが集まり、大きな存在の一部として一体感を感じることができるようになったという点です。将来のBlizzConがどんな内容になるのであれ、一体感に加え、最大限の安全性と快適さ、そして包含性を感じてもらえるものにする必要があります。私たちはプレイヤーの皆さんと継続的なコミュニケーションを取れるよう尽力しており、その中で今後、BlizzConは大きな役目を果たすことになると考えています。将来的に計画を再検討することになった際にどんなBlizzConを作り上げられるのか、今から楽しみです。

ひとつはっきりさせておきたいのは、2月のBlizzConline開催を中止する一方で、私たちのゲームに関するお知らせや最新情報の発表は継続していくという点です。私たちには素晴らしいチームがあり、そのチームが各種タイトルで成し遂げている開発の進展にも大変満足しています。つまり、今後皆さんと共有することになる、エキサイティングなニュースやお知らせはたっぷりあります。情報共有をサポートするBlizzConチームの才能あるスタッフと共に、各シリーズそれぞれのルートを通じて継続的に新情報をお届けしていく予定です。

BlizzConでお会いできないのは寂しい限りですが、ご心配はいりません。再会の日は遠くないはずです。

感謝を込めて。

次の記事を見る

    注目のニュース