オーバーウォッチ 2

与えるも奪うも、すべては私次第だ:マーシーとモイラのベータ変更の振り返り

与えるも奪うも、すべては私次第だ:マーシーとモイラのベータ変更の振り返り

ヒーローの皆さん、

1週間ほど前、「オーバーウォッチ 2」ベータが無事に終わりを迎えました。皆さんから寄せられたフィードバックや内部データ、そしてゲームプレイを丁寧に見返し、次の判断へと繋げていきます。収集したデータについては来週公開する予定ですが、今回はコミュニティの皆さんへアップデートをお伝えしたいと思います。

モイラ

コミュニティのフィードバックを考慮した結果、ベータで実験的に取り入れられたモイラのアビリティ「ネクロティック・オーブ(Necrotic Orb)」は、存続させないことにしました。次回のブログ記事で統計データを交えて詳しく説明しますが、多くのプレイヤーにとってゲームプレイがあまりにも受動的になってしまうのが、その理由です。「ネクロティック・オーブ」は強力であるがゆえに長いクールダウンが設定されています。これによって効果の強さは維持しつつ、ゲームバランスを保っているのです。ところが、長いクールダウンを設定したために、多くのプレイヤーは「完璧なタイミング」を待ってアビリティを温存するようになりました。その結果、ハイテンポなゲームプレイでの「爽快な攻防」が発生しにくく、回復に専念している時間が長くなってしまいました。

「ネクロティック・オーブ」と、その実装にともなう他のアビリティの下方修正は、8月12日のオーバーウォッチ リーグ開幕に合わせて、すべて取り消されます。

マーシー

スーパージャンプと呼ばれる現象は、もともと「ガーディアン・エンジェル」発動中に発生するバグが原因でした。このバグはハイレベルなプレイヤーの間で浸透し、マーシーに高度な移動能力をもたらしていました。開発チームとしては、これを「オーバーウォッチ 2」で正式なアビリティとして採用し、新規プレイヤーにも親しみやすいものにしたいと考えました。

私たち自身も「ガーディアン・エンジェル」の今回の変更は完璧ではないと認識していましたし、プレイヤーからもそういった意見が寄せられました。

現在テストしているバージョンでは、ベータで実装した方向操作に加えて、以前と同じような方法でスーパージャンプが可能なように調整しています。これまで同様に、しゃがみでアビリティをキャンセルすると、上を向いていなくても、上方向にジャンプすることが可能です。

フィードバックと開発の連携

テストに参加してくださった皆さんに、開発チーム一同、あつくお礼申し上げます。これからも皆さんのフィードバックを第一に「オーバーウォッチ 2」開発を続けていきます。

「オーバーウォッチ 2」ベータで新しいアイデアや機能を試すことができ、多くのプレイヤーの方々に参加していただいて、とても嬉しく思います。開発チームは常にフィードバックに耳を傾け、データを参照しながら判断を下しています。今回のマーシーとモイラの変更でも、コミュニティからのフィードバックが大きな役割を果たしました。近日中に「オーバーウォッチ 2」のデータから得られた発見を公開しますので、どうぞお楽しみに!

私たちはいつも皆さんの声に耳を傾けています。新たな情報をお届けできるのを楽しみにしています!

次の記事を見る

  1. オーバーウォッチ 2に関する既知の問題
    オーバーウォッチ 2
    13時間

    オーバーウォッチ 2に関する既知の問題

    「オーバーウォッチ 2」へようこそ! ゲームに影響を与えている既知の問題に関する最新情報をお知らせします。本リストは「オーバーウォッチ 2」で発生が確認されたすべての問題を網羅しているわけではなく、今回のリリースにおける一部の不具合のみを掲載しています。

注目のニュース