ハースストーン

2020年グランドマスターズ・シーズン1 観戦ガイド

2020年グランドマスターズ・シーズン1 観戦ガイド

2020年もハースストーン・グランドマスターズが開催される!シーズン1は全世界で4月17日(金)から開始され、6月7日まで毎週金曜日、土曜日、日曜日に対戦が行われる。毎週末、世界トップクラスの「ハースストーン」プレイヤーの対戦がYouTube Gamingでライブ配信されるだけじゃない。新クラスの「デーモンハンター」が初めて競技プレイで使われることになるんだ!

今シーズンは7名の新たな選手がグランドマスターズに加わった。今シーズンから導入される新たな大会形式でこれらの選手の腕が試されることになる。今年のグランドマスターズを観戦する前に知っておくべき情報を以下にまとめておいたぞ!

詳細

大会形式の変更

今年の1月に、2020年のグランドマスターズで導入される主な変更内容を解説しているからそちらを読んでくれ。今年の大会形式の詳細は以下のとおりだ。

2020S1Timeline_Inline_jaJP.png

1週目~3週目:スイス式からグループステージへ

1週目から3週目にかけては毎週水曜日と木曜日にプレイヤーがスイス式で対戦して、週末のグループステージ出場権獲得を目指す。週末のラウンドで獲得したポイントに応じて各地域ごとに選手を2つのディビジョンに分け、4週目以降の総当たり戦(ラウンドロビン)に移行する。対戦形式は毎週変更される。

  • 毎週、水曜日と木曜日に各地域の16名が7ラウンドのスイス式で対戦する。この模様は配信されない。
  • 木曜日のスイスラウンド終了後、順位に応じて半数の選手がその週は脱落となり、金曜日と土曜日に各地域のトップ8がデュアルトーナメント形式で対戦し、日曜日にはトップ4の決勝戦が行われる。これらの試合はYouTubeでライブ配信される。.
  • ゲームプレイ形式は毎週以下のように変更される。
    • 1週目:コンクエスト、1デッキ禁止
    • 2週目:4デッキ使用のラストヒーロースタンディング、1デッキ禁止
    • 3週目:10デッキ使用、6デッキ禁止のコンクエスト
4週目~7週目:総当たり戦

4週目から7週目にかけては、各地域の2つのディビジョン内でこれまでのグランドマスターズのシーズンと同じように総当たり戦(ラウンドロビン)が行われる。

  • 1週目から3週目の対戦を終えて獲得したポイントの順位に応じて各地域の選手が2つのディビジョンに分けられる。ディビジョンAには獲得ポイント上位8名の選手が、ディビジョンBには獲得ポイントが9位から16位の選手が振り分けられる。
  • これら2つのディビジョンで4週間かけて総当たり戦を行う。総当たり戦終了時の順位に応じて、プレイオフに出場する選手とシーズン1から降格となる選手が決定する。
  • 総当たり戦を行う4週目から7週目までは対戦形式は変化せず、以下の1種類のみ。
    • 5戦3本先取のコンクエスト(4デッキ使用、1デッキ禁止)

8週目:シーズン1プレイオフ

総当たり戦終了後の8週目にプレイオフが行われ、各地域から1名の選手が年末の世界選手権への出場権を獲得し、各地域から3名の選手が降格となる。

  • ディビジョンAの上位6名は自動的にプレイオフに進出する。
  • ディビジョンBの上位4名がプレイイン(予選)ラウンドで対戦し、ディビジョンAの上位6名の選手に加わってデュアルトーナメントでプレイオフで戦う。
  • 総当たり戦終了時にディビジョンBで7位と8位だった選手は、自動的にグランドマスターズのシーズン1から降格となる。.
  • ディビジョンAの7位と8位の選手とディビジョンBの5位と6位の選手がプレイインで計3試合を戦って、最後の降格選手を決定する。
  • 各地域のプレイオフの勝者は年末に行われるハースストーン世界選手権への出場権を獲得する。

ハースストーン eスポーツ・ウェブサイトのルールとポリシーのページで、2020年のグランドマスターズプログラムのシーズン1のルールや賞金の詳細を確認しておこう。

グランドマスターズプレイヤー

南北アメリカ アジア太平洋 ヨーロッパ
Brian “bloodyface” Eason Yashina “Alutemu” Nozomi George “BoarControl” Webb
Eddie “Eddie” Lui Ng “blitzchung” Wai Chung Elias “Bozzzton” Sibelius
Guillermo “Empanizado” Tolosa Cheonsu “che0nsu” Kim Raphael “Bunnyhoppor” Peltzer
Fei “ETC” Liang Hyun Jae “Dawn” Jang Kevin “Casie” Eberlein
James “Firebat” Kostesich Hyun-Soo “Flurry” Cho Theo “Felkeine” Dumont
Frank “Fr0zen” Zhang Dylan “FroStee” O’Mallon Casper “hunterace” Notto
Edward “Gallon” Goodwin Sato “glory” Kenta Jaromir “Jarla” Vyskočil
David “justsaiyan” Shan Tsz Kin “Kin0531” Lo Aleksandr “Kolento” Malsh
Mihai “Lnguagehackr” Dragalin Wataru “posesi” Ishibashi Pavel “Pavel” Beltukov
Jerome “Monsanto” Faucher Dasol “Ryvius” Sim Dima “Rdu” Radu
Muzahidul “muzzy” Islam Tsu-Lin “SamuelTsao” Tsao Linh “Seiko” Nguyen
Facundo “Nalguidan” Pruzzo Wei-Chieh “Shaxy” Liu Vladislav “SilverName” Sinotov
Jason “PapaJason” Meller Euneil "Staz" Javiñas Joffrey “Swidz” Cunat
Francisco “PNC” Leimontas Jung-Soo “Surrender” Kim Thijs “Thijs” Molendijk
Ryan “Purple” Murphy-Root Wei-Lin “Tom60229” Chen Torben “Viper” Wahl
Paul “Zalae” Nemeth Tyler “Tyler” Hoang Nguyen Martin “Zhym” Prête 


シーズンを通して、ハースストーン eスポーツ・ウェブサイトで新旧お気に入りのグランドマスターたちの動向をフォローしよう!選手の詳細対戦組み合わせとスケジュール、シーズンの最新順位などの情報は一ヶ所にまとめられているぞ。それじゃあ、また酒場で会おう!!

Welcome to the Year of the Phoenix!

次の記事を見る

  1. 9月後半のイベント情報
    インサイド Blizzard
    4日

    9月後半のイベント情報

    「Warcraft」のノームの王であり、GnomereganのHigh TinkerであるGelbin Mekkatorqueはアゼロス史上最高の発明家のひとりです。ノームたちに愛されるこの指導者は、どんなに難しいデザインも、どんなに複雑な設計図も物ともしません。もちろん、Gelbinは企画立案の天才であり、あらゆる物事の進捗状況を何の苦もなく把握しています。とは言え、凡人の私たちはゲームのカレンダーで重要なイベントがいつ行われるのかを時々確認しておく必要がありますね。

注目のニュース