ハースストーン

2019年HCT世界選手権の中国の選手を紹介

2019年HCT世界選手権の中国の選手を紹介

2018年のハースストーン・グローバルゲーム決勝大会では、中国代表がブラジルに3勝0敗で勝利して歴史にその名を刻みました。中国は競技シーンで常に大きな存在感を示しており、業界最大規模のサードパーティ主催イベントも国内で開催されています。2019年のHCT世界選手権開催を間近に控え、一年で最も権威のあるこの大会で、中国地域を代表して戦う3人の選手たちをご紹介しましょう。

Xu "LFyueying" Kai

LFyueying選手にとってHCT世界選手権の舞台に上がれることは、正に念願の夢が叶った出来事でした。「何をするにしても、簡単に諦めちゃいけないとだけみんなに伝えたいね」と彼は話します。「僕の『ハースストーン』のキャリアは楽じゃなかった。いろんな大会に僅差で負け続けた時期があった。すごく辛かったけど、何とか乗り越えて、とうとうここまで来られたんだ。目標があるなら、それに向かって全力で挑む必要がある。後悔の余地を残しちゃいけない」

LFyueying選手は海南省海口市の生まれですが、現在は江蘇省鎮江市に住んでいます。彼にとって最大のサポーターは恋人だそうです。自分のことをどこまでも励ましてくる、とLFyueying選手。「最大のライバルは自分自身だ。精神的なプレッシャーに打ち勝つことができれば、何も問題はない」と彼は言います。LFyueying選手は「ハースストーン」をプレイする前はプロの歌手でした。

Guan "SNJing" Zhendong

LFXiaoT選手は世界選手権出場を決めてからずっと気が気ではありません。彼にとって世界選手権は一年でもっとも重要な大会であり、「究極の試練」です。LFXiaoT選手はランク戦プレイやパートナーとの練習のために、週に60時間から80時間を費やしていますが、それでもJustsaiyan選手やBloodyface選手、Hunterace選手、Bunnyhoppor選手といったプレイヤーたちは世界選手権で手強いライバルになると考えています。

「『ハースストーン』のプロになるって決めたとき、父は全面的に僕を支持してくれた」とLFXiaoT選手。「祖父と祖母はどれだけ時差があっても必ず僕の試合を観てくれるし、母親はいつも電話やメールで僕を励ましてくれる」

Wu "LFXiaoT" Juwei

SNJing選手は友達とお気に入りのストラテジーゲームのひとつであるシャンチー(中国将棋)をプレイしている時に「ハースストーン」を紹介されたのがきっかけで、プレイし始めました。彼はこの世界選手権で世界の檜舞台に新人選手としてデビューすることを楽しみにしています。大型大会で2度も敗北を喫したBunnyhoppor選手との再戦を心待ちにしています。

「目標達成を目指すうえで、才能が成功に占める割合は小さい」とSNJing選手は言います。「大事なのは粘り強さと努力だ。技術的な欠点は熱意で補える」

TwitterFacebookYouTubeでHSEsportsをフォローして、3選手のHCT世界選手権グループステージ(そしてさらにその先)の戦いに注目しましょう!

次の記事を見る
ハースストーン
16時間

探検同盟と共にプレリリースイベントに突撃しよう!

探検同盟と共に行こう!プレリリースイベントを開催、または参加して、一足お先にウルドゥムを守りに行こう!