オーバーウォッチ

「オーバーウォッチ」にリプレイ機能が実装:新たな視点で過去のマッチを振り返ろう

「オーバーウォッチ」にリプレイ機能が実装:新たな視点で過去のマッチを振り返ろう

PTRに新しく実装されたリプレイ機能により、全く新しい視点で過去の「オーバーウォッチ」のゲームを楽しめます。リプレイ機能を使用すれば、過去のマッチをあらゆる視点で見ることができます。一人称、三人称、または俯瞰視点など、このツールを用いることで様々な視点で見返せます。

ゲームスピードを調整して、決定的な瞬間がどのようにして生まれたのかを分析して、戦略に磨きをかけましょう。さらに、上から見下ろして各プレイヤーの動きを把握したり、UIを完全に非表示にしたりすることもできます。現在、リプレイ機能はPC版のPTRでのみお楽しみいただけますが、家庭用ゲーム機版についても今後実装する予定です。

リプレイへのアクセス

リプレイタブ内のプレイヤープロフィールから、利用可能なリプレイを視聴できます。全ゲーム・モードで、直近の10試合を見返すことができます(チュートリアルと練習場は除く)。ハイライトと同じく、リプレイについてもパッチの期間と連動し、新しいパッチが配信されるとリセットされます。

キーボードのショートカット

リプレイを使い始めるにあたって、どういった操作が行えるのか参考となるように、デフォルトの状態で使える便利なキーボードのショートカットを紹介します。

  • N: 操作設定の表示/非表示
  • W, A, S, and D: カメラの平面移動
  • Q and E: カメラの上下移動
  • スクロールホイール上: プレイバック速度の上昇
  • スクロールホイール下: プレイバック速度の減少
  • (Ctrl+P): 再生/ポーズの切り替え
  • スペースキー: 一人称視点と三人称視点の切り替え
  • マウスボタン左右: 一人称視点/三人称視点からフリーカメラに切り替え
  • F1–F12: プレイヤーの観戦(メディア・コントロールのプレイヤーリストに対応)
  • 0: 目標に移動
  • (Ctrl+L): マップオーバーレイの表示
  • (Ctrl+1) – (Ctrl+9): ブックマークの保存
  • 1–9: カメラのブックマークを元に戻す

ショートカットの一覧は、Escキーを押してオプション > 操作設定 > 観戦で確認できます。キーボードのショートカットはすべてカスタマイズ可能です。

プロ目線で観戦しよう

リプレイ機能をうまく活用するヒントを紹介します。

  • 特定のプレイヤーのヒーローの使い方を学びたい場合は、そのプレイヤーだけでなく、その攻撃対象になっている敵も確認するようにしましょう。そうすることで、プレイスタイルの違いをより理解しやすくなるはずです。
  • マッチを見る際に、マップオーバーレイ(Ctrl+I)を活用すれば、チーム戦の展開の仕方を学ぶ上で役に立ちます。各ヒーローのアイコンでステータスが分かるため、各プレイヤーに何が起きているのか、ひと目で分かります。
  • マップオーバーレイを使用する場合は、全体が見渡せるように、空高くにカメラを配置して、地面を見下ろす形で観戦しましょう。こうすることでマップ全体の動きを捉えられます。
  • 特定の地点に固定カメラを設置すれば、多角的に試合を観察してチームの動きをより分析しやすくなります。新しいマッチごとに、忘れずにそれぞれのポイントをブックマークしましょう。
  • 動画のハイライト映像を作成する際は、スローモーションを多用しすぎないように。最大限ドラマチックに見せるためにも、プレイやチーム戦のここぞという場面でのみスローモーションを活用しましょう。
次の記事を見る
オーバーウォッチ
14時間

『FLASH OPS』が日本各地を回る!公認イベント『FLASH OPS 2019 SUMMER JAPAN TOUR』が開催決定!

大人気のオーバーウォッチのオフラインイベント『FLASH OPS』がついに日本各地で開催されます!