ハースストーン

「激闘!ドラゴン大決戦」開戦!

 

「激闘!ドラゴン大決戦」開戦!

ついにこの時が来た。ラファームと悪党同盟は計画の最終段階に取り掛かった――全ドラゴン族の太祖「ガラクロンド」を復活させようとしているのだ。だが探検同盟が連中を追っている…ドラゴン達を味方につけて。

大空へ飛び立とう――「激闘!ドラゴン大決戦」開戦だ!


戦争の竜たち

ガラクロンド

悪党同盟側に与するクラスの者には、ガラクロンドを復活させるチャンスがある。ガラクロンドは、5つの形態のうちあんたのクラスに応じた姿で蘇るぞ。なにより素晴らしいのは、あんたが「激闘!ドラゴン大決戦」カードパックの1個目を開封した瞬間に、5種類のガラクロンドカード全てが無料で手に入る、ってことだ!ガラクロンドの詳しい生態については「ドラゴン学講座」ブログで学んでおいてくれ。

11_25_HS_DOD_Blog_NowLive_jaJP_LayoutAssets_GalakrondCards_500x275_JY_v01.png

新たなキーワード:祈願

蘇った太祖ドラゴン、ってだけでも恐ろしいが、ガラクロンドの力は信者たちの祈願によってさらに増大するぞ。

WARRIOR_DRG_249_jaJP_Awaken-55250.png

キーワード「祈願」を持つカードを手札から使用するとガラクロンドがパワーアップし、さらに大規模な破壊を巻き起こせるようになるんだ。

WARRIOR_DRG_650_jaJP_GalakrondtheUnbreakable-57413.pngWARRIOR_DRG_650t2_jaJP_GalakrondtheApocalypse-57414.pngWARRIOR_DRG_650t3_jaJP_GalakrondAzerothsEnd-57415.png

サイドクエスト

クエストのことなら知ってるよな、対戦中に特定の目的を達成することで、報酬がもらえるヤツだ。サイドクエストもこの仕来たりに従うが、目的がより簡単で、より早く達成でき、あんたを速やかな勝利に導いてくれる――あるいは、一度の対戦で何度もサイドクエストをクリアすることも可能なんだ。

HUNTER_DRG_251_jaJP_CleartheWay-55288.pngDRUID_DRG_317_jaJP_SecuretheDeck-55033.png

新たな呪文系統:竜の息吹

最強のドラゴン達は、最強のドラゴンブレスを伴って来る。これらの強力な呪文は、手札にドラゴンがいる場合さらに強力になるんだ。敵と差を付けろ!

HUNTER_DRG_006_jaJP_CorrosiveBreath-54922.pngSHAMAN_DRG_219_jaJP_LightningBreath-54971.png

ログイン報酬とレジェンドクエスト

「激闘!ドラゴン大決戦」リリース後一定期間中に「ハースストーン」にログインした全プレイヤーは、上記の「ガラクロンド」カード5種類に加えて、「ガラクロンドの盾」カード2枚ももらえるぞ。

さらに、新たな連続レジェンドクエストが本日から受注可能になっていて、報酬として「激闘!ドラゴン大決戦」パック、「爆誕!悪党同盟」パック、「突撃!探検同盟」パック、200ゴールドが手に入るんだ。

NEUTRAL_DRG_242_jaJP_ShieldofGalakrond-55166.png

闘技場のローテーション

闘技場の新たなローテーションが待ってるぞ!今日の時点で、闘技場には以下のセットのカードが出現するんだ。

Basic and Classic setsBlackrock MountainThe Grand TournamentOne Night in KarazhanKnights of the Frozen ThroneRastakhan's RumbleDescent of Dragons
 

 

近日公開

ガラクロンドの目覚め

ドラゴン年のソロ・アドベンチャー・ストーリーの最後の戦いとなる「ガラクロンドの目覚め」は、来年1月に封切られる予定だ!ネタバレは避けるが、35種類の新カードを手に入れるため、悪党同盟を相手に(または悪党同盟のために)戦う準備をしておくといいぞ!「ガラクロンドの目覚め」のさらなる詳細は、近日発表予定だ。

次の記事を見る

  1. 8月上旬の最新情報
    インサイド Blizzard
    2時間

    8月上旬の最新情報

    「トレーサー」としてチームメイトに知られているレナ・オクストンは時間を巻き戻す能力を持っています。この能力は銃撃戦ではもちろん役に立ちますが、プレイしたいゲームがあり過ぎてカレンダーの予定が埋まっているときにはなおさら重宝しますよね。さて、誰もがトレーサーのようにはなれないかもしれませんが、これから先の出来事をおさらいして、時の流れを味方につけられるようお手伝いしたいと思います。

注目のニュース