ディアブロ II リザレクテッド

「ディアブロ II リザレクテッド」パッチ2.4 ハイライト | 近日登場

「ディアブロ II リザレクテッド」パッチ2.4 ハイライト | 近日登場

注意:このブログ内で言及されるコンテンツは最終的なものではなく、変更される可能性があります。

クエストログ

ラダーのランクプレイ

クラスバランスの調整

傭兵に関する変更と新たなルーンワード

開発者によるアップデート配信


栄光を勝ち取る準備をお忘れなく。来年早々にラダーのランクプレイが登場します!私たちは常に、ラダーのランクプレイをスムーズに楽しめるモードにすることを優先してきました。競技性の高いこの機能において、皆さんがレベル99を目指して競い合う上で安定性は必須です。私たちチームは、ゲーム体験やパフォーマンスがすべてのプレイヤーにとって、スムーズなものとなるよう取り組みを続けています。皆さんに早くラダーに参加していただきたい気持ちはありますが、ひとまず今日は、間もなく登場する本機能のエキサイティングな詳細についてお話ししたいと思います。

ラダーのランクプレイ

オリジナル版「Diablo II」と同じく、「ディアブロ II リザレクテッド」にも以下の4種類のラダーモードが登場します。

バージョン 詳細
スタンダード・ラダー 4つの章をプレイするカジュアルなラダープレイ。
ハードコア・ラダー 4つの章をプレイするハードコア(ライフ1つのみ)なラダープレイ。
スタンダード・エキスパンション・ラダー 拡張パック「Lord of Destruction」を含む5つの章をプレイする、カジュアルなラダープレイ。
ハードコア・エキスパンション・ラダー 拡張パック「Lord of Destruction」を含む5つの章をプレイする、ハードコア(ライフ1つのみ)なラダープレイ。

今回初めて、皆さんはラダーを通じて多くの新たなルーンワードを手に入れる機会を得ることになります!より正確に言えば、それらは本作にはこれまで存在しなかったルーンワードとなります。そして、オリジナル版「Diablo II」のラダー専用ルーンワードセットと同様に、ノンラダープレイでは入手できません。各ラダーシーズンの終了時、これらのルーンワードの作成に成功したプレイヤーはラダーモードのキャラクターを「ノンラダー」モードに移行させることができます。その後、プレイヤーは次のラダーシーズンの開始時にラダー用の新キャラクターを作成し、新たな報酬の入手を目指してゼロからスタートすることになります。まだ新しいルーンワードを具体的にお見せすることはできませんが、コンテンツクリエイターのMrLlamaSCがホストとなる「開発者によるアップデート配信」(詳細はこの記事の下部を参照)をご視聴いだだければ、その一部を垣間見ることができるでしょう!

最後に、私たちはコミュニティで交わされているラダーのランクプレイに関する議論を注視し続けています。チームはまだ開発を進めつつラダーの期間を検討している段階ですが、新たなラダーのテスト版を制作し、皆さんの期待に添う最適なラダーのローテーション期間を割り出したいと考えています。今のところ、ラダーシーズンの期間は4か月を検討しています。来年早々に登場するパッチ2.4でのPTRに向け、期間については今後もコミュニティの意見や好みについて注視していきたいと思います。

トップに戻る


クラスバランスの調整

コミュニティから非常に多くのリクエストをいただいていた、「ディアブロ II リザレクテッド」の人気の高い英雄たちのバランス調整を行うことをここにお知らせいたします!私たち自身も皆さんと同じファンとして、新しい遊び方を見つけるのが楽しみです。「Diablo II」における最後のクラスバランスの調整パッチは、2010年3月23日にリリースされたパッチ1.13cだったことを考えると、これは特別な出来事と言えるでしょう!11年の時を超えた新たな変更により、クラス毎のテーマや特徴を維持しつつ、キャラクタービルドの多様性が広がることになるでしょう。これを達成するのはとても重要なことです。私たちはこの狙いを達成するため、活用されていないスキルを見直し、キャストディレイ(スキルの再詠唱までの間隔)を再評価するとともに、わかりやすいようにツールチップを改善しています。

私たちは皆さんが遊びたいようなビルドを可能にし、自由に創造性を発揮してもらいたいと考えていますが、同時にいたずらにすでにある要素を一から作り直すことや各クラスを中心的役割から逸脱させることは避けたいと考えています。今回は詳細には踏み込みませんが、クラスの様々な仕様変更の背後にある哲学についてご紹介しておきたいと思います。

アマゾネス

アマゾネスは素早さと汎用性に優れたクラスです。全体的に見て、私たちは現在のアマゾネスの状態は好ましく、かなりバランスが取れていると考えています。とは言え、アマゾネスの近接スキルには改善の余地があります。インペールやフェンドといった一部の活用されていない近接スキルについては、より使われやすくなるよう強化したいと考えています。また、近接スキルを相乗効果なしでも活用できるようにすることで、他のことに充てられるスキルポイントを増やし、今までにない可能性を切り開けるようにすることを検討しています。

また、弓とクロスボウのツリーにある一部のスキルを強化し、高難易度における弓を使ったゲームプレイを改善することも検討中です。

アサシン

アサシンは、闇に潜んでいともたやすく悪を葬り去るクラスです。とは言え、このクラスについては格闘型のマーシャルアーツビルドに強化の余地があると考えています。マーシャルアーツ系スキルは難易度が上がるにつれ段々と活用が難しくなっていく一面があるため、コンボポイントの生成と使い道に関して改善を模索しています。

また、トラップスキル全般が使用されにくい状況になっています。そのため、より多くのトラップビルド作成を促し、さらにダメージを強化することを目的として、必要とされる相乗効果の見直しを行っています。

バーバリアン

バーバリアンは他に類のない腕力を持つクラスです。ただし、私たちは戦闘スキルの多様性について改善の余地があると考えています。現在、リープ・アタックやグリム・ウォードなどの戦闘スキルの可能性を増やすことを検討するとともに、一部の戦闘スキルにポイントを消費しやすくなるよう、求められるスキルの相乗効果の見直しを行っています。
また、投擲バーバリアンには発展の余地があると考えており、ダブル・スローと投擲術のスキル2つについて強化を検討中です。

ドルイド

ドルイドは、野獣のごとき凶暴性であらゆる者を震え上がらせるクラスです。ただし、このクラスの一部の側面については、より刺激的となれる向上の余地があると考えています。例えば、ドルイドの火炎スキルは性能が不足しています。私たちは現在、火炎スキルのキャストディレイを見直し、物理ダメージについて改善を検討するとともに、相乗効果の強化に取り組んでいます。また火炎スキル以外にも、活用されていない自然の力スキルについても微調整を検討中です。加えて、極寒の息吹の操作性を向上させることを考えています。発動中の形態の自由度を高めることや、敵1体に標的をロックしないようにするなどが検討されています。

召喚スキルについては、高難易度では召喚は力不足だと考えています。これに関しては、レベルアップごとのライフ増加、使いやすさの向上、ダメージ能力、そしてレイヴン、ウルフ、蔦の相乗効果の追加を検討中です。

最後に、相乗効果の改善を主軸にした人熊スキルの強化も検討しています。

ネクロマンサー

死者を操るネクロマンサーは、突然の死を敵にもたらします。アマゾネスと同じく、私たちはネクロマンサーは現状好ましい状態にあると考えています。ただし、活用されていないと思われる特定の召喚スキルには改善の余地があります。そのため現在、スケルトン・メイジの属性ダメージのバランス調整と、あまり活用されていないゴーレムの有効性の向上に取り組んでいます。
また、高難易度におけるボーンスキルについても改善の余地があると考えています。こちらについては、相乗効果の微調整を行っています。

パラディン

熱狂的な聖職者、パラディンが振りまく正義の怒りは荘厳です。とは言え、一部の戦闘スキルは活用されていないようです。私たちは現在、あまり使われていないスキル(天界の拳など)を活用しやすくし、プレイヤーがそういったスキルの解放のためにスキルポイントを消費しやすい環境にする方法を模索しています。

また、攻撃オーラのスキルについても調整の余地があると考えています。改善策として、範囲ダメージのオーラの近距離での効力を向上することを検討しています。また高レベル帯でも活用可能な頼れるダメージ源となるよう、荊棘の加護を強化することも検討しています。

ソーサレス

ソーサレス以上の属性魔法の達人は存在しません。私たちはソーサレスの現状に大いに満足していますが、若干の改善の余地があるように思われます。

冷気スキルについては、アーマースキル(フローズン・アーマー、シヴァー・アーマー、チリング・アーマー)のそれぞれ独特なメリットをさらに多様化させることができるでしょう。

また、使われる機会が少ない電撃スキルについても、スキルの相乗効果を増やしてビルドの可能性を広げることを検討しています。
最後に火炎スキルについても、ヒュドラなど活用されていないスキルの強化を検討しています。極寒の息吹と同じように、インフェルノについても操作性を改善して扱いづらさを軽減することを視野に入れています。

トップに戻る


傭兵に関する変更と新たなルーンワード

ご紹介できることはまだあります。プレイヤーの皆さんが求めているのは、クラスバランスの調整だけにはとどまりません。コミュニティから傭兵に関するフィードバックが多く寄せられていることから、様々な面で傭兵を改善する予定です。皆さんの多くが砂漠の傭兵を使用していますが、私たちはそれ以外の3種類の傭兵を選ぶ理由を増やしたいと考えています。そのため、この3種類の傭兵のスキルやステータスを強化し、それぞれの独自性とテーマ性をより引き立たせることを検討中です。

そうです、ホラドリムのキューブの新レシピ、セット・アイテムの変更、そして新たなルーンワードが間もなく登場します。実装される新たなホラドリムのキューブのレシピにより、セット・アイテムの強化が可能となり、アイテムビルドの可能性がさらに広がることになります。上で概要を説明したスキルへの変更と併せて、このことは、部分的な、あるいは完全なセット・アイテムを揃えることへのモチベーションを高めてくれるでしょう。最後に、本アップデートで導入されるスキルと傭兵に関する変更を補完するものとして、新たなルーンワードが追加されます。

トップに戻る


開発者によるアップデート配信

このブログでご紹介している内容は、来年早々にリリース予定のパッチ2.4 PTRで導入される変更点や機能のほんの一部に過ぎません!詳細を知りたい方は、ぜひコミュニティのコンテンツクリエイターのMrLlamaSCと、「ディアブロ II リザレクテッド」のデザインリードであるロバート・ガレラニが近々お届けするライブ配信にご参加ください。この配信は、私たちにとってお披露目の場所であるとともに、コミュニティの皆さんにとっては質問をぶつける機会でもあります。皆さんに新情報をお届けするのが楽しみです!※英語での配信となっております。

日時:

12月17月 | 04:00(日本時間)

配信先:

https://www.twitch.tv/mrllamasc


「ディアブロ II リザレクテッド」にとって今年は素晴らしい1年でした。コミュニティの皆さんが楽しいホリデーシーズン、そして素晴らしい新年を迎えられますよう願っています。私たちのゲームをプレイしていただきありがとうございます!これからもご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

「ディアブロ II リザレクテッド」の詳細はこちらの公式ウェブサイトをチェックしてください。さらに、日本公式Twitterの@Diabloをフォローしてリアルタイムで最新情報を手に入れましょう。

トップに戻る

 

次の記事を見る

  1. オーバーウォッチ・アニバーサリー・リミックス:ボリューム3が登場!日本公式Twitterではプレゼントキャンペーンも開催!
    オーバーウォッチ
    9時間

    オーバーウォッチ・アニバーサリー・リミックス:ボリューム3が登場!日本公式Twitterではプレゼントキャンペーンも開催!

    8月30日までの期間中、パーティーに加わり、ウィークリー報酬を手に入れ、お気に入りの限定バトルを楽しみましょう。

注目のニュース