オーバーウォッチ

オーバーウォッチ ワールドカップ:トップ8 プレビュー

オーバーウォッチ ワールドカップ:トップ8 プレビュー

仁川からロサンゼルス、バンコク、パリを経て、オーバーウォッチ ワールドカップが興奮に満ちたフィナーレを迎えようとしています。4つのグループステージから集まって来たトップ8チームが来週末、BlizzConにて金メダルをかけて競い合います。

韓国は2年連続でタイトル防衛を果たせるでしょうか? 中国、フランス、アメリカといった、他の高シードと熾烈な戦いを繰り広げることになります。また、低シードの4チームも無視できません。オーストラリア、フィンランド、カナダ、イギリスが、番狂わせを起こそうと狙っています。

BlizzConを絶対にお見逃しなく!マッチ開始時間、最新のチームロースター、組み合わせ表を以下にまとめました。

イベント情報

  • 日時: マッチスケジュール:
    • 11月3日 土曜日
      • 04:15 - 06:15(日本時間)—準々決勝1:アメリカ vs. イギリス
      • 06:15 - 08:15(日本時間)—準々決勝2:フランス vs. カナダ
      • 08:15 - 10:15(日本時間)—準々決勝3:中国 vs. フィンランド
      • 10:15 - 12:15(日本時間)—準々決勝4:韓国 vs. オーストラリア
    • 11月4日 日曜日(日本時間)
      • 01:30 - 03:30(日本時間)—準決勝1
      • 03:30 - 05:30(日本時間)—準決勝2
      • 05:30 - 07:30(日本時間)3位決定戦
      • 07:30 - 09:30(日本時間)最終決勝戦
  • 場所: アナハイム コンベンションセンター(カリフォルニア州アナハイム)
  • ライブストリーム:
  • 放送: 各地域での放送時間については、ESPN 3とDisney XDの番組表をご確認ください。
  • パッチ: 1.29
  • マッチ形式: 準々決勝戦、準決勝戦、3位決定戦は5回勝負で行われます。最終決勝戦は7回勝負で行われます。
  • マッププール: 全マップが対象です!各マッチは、事前に決められたコントロールマップ(NEPAL、LIJIANG TOWER、ILIOS、BUSAN)で始まります。第2マップ以降は、前のマップの敗者チームが以下のマップタイプから次に対戦するマップを選択できます。
    • 第2マップ:ハイブリッド
    • 第3マップ:アサルト
    • 第4マップ:エスコート
    • 第5マップ(タイブレーカー):コントロール、第1マップとは異なるマップ

国別のチームメンバー

アメリカ

  • Indy “Space” Halpern(Los Angeles Valiant)
  • Shane “Rawkus” Flaherty(Houston Outlaws)
  • Jay “Sinatraa” Won(San Francisco Shock)
  • Austin “Muma” Wilmot(Houston Outlaws)
  • Zachary “Zachareee” Lombardo(コンテンダーズ ノースアメリカ:Fusion University)
  • Grant “Moth” Espe(San Francisco Shock)
  • Joao Pedro “Hydration” Goes Telles(Los Angeles Gladiators)

イギリス

  • Cameron “Fusions” Bosworth(コンテンダーズ ヨーロッパ:British Hurricane)
  • Eoghan “Smex” O’Neill(コンテンダーズ ノースアメリカ:NRG Esports)
  • Isaac “Boombox” Charles(Philadelphia Fusion)
  • Harrison “Kruise” Pond(コンテンダーズ ノースアメリカ:Toronto Esports)
  • Michael “MikeyA” Adams(コンテンダーズ ヨーロッパ:British Hurricane)
  • Finley “Kyb” Adisi(コンテンダーズ ヨーロッパ:British Hurricane)
  • Kai “KSP” Collins

BlizzConでは準々決勝の第一試合から激しい戦いとなりそうです。チームUSAは非常にアグレッシブかつ柔軟なプレイスタイルで敵チームに息を継ぐ間も与えず、ロサンゼルス グループステージを圧勝。その勢いを止められるかがイギリスの課題となります。パリ グループステージでフランスに次ぎ2位でフィニッシュしたチームイギリスは、1つだけ大きなメンバーチェンジを行っています。メインタンクのChristopher “ChrisTFer” Graham選手の代わりに、Fusions選手を加えたのです。彼はBritish Hurricaneの2人とチームメイトであるため、シナジーが期待できます。アメリカのタンク2人組、Muma選手とSpace選手はトップ8チームの中でもトップクラスのコンビです。これに対抗するのは至難の業ですが、イギリスが番狂わせを起こすには、チームUSAの前衛を突破する方法を見つけるしかないでしょう。

フランス

  • Terence “Soon” Tarlier(Los Angeles Valiant)
  • Benjamin “Unkoe” Chevasson(Dallas Fuel)
  • Dylan “AKM” Bignet(Dallas Fuel)
  • Gael “Poko” Gouzerch(Philadelphia Fusion)
  • Michael “Winz” Bignet
  • Benjamin “Benbest” Dieulafait
  • Nicolas “Nicogdh” Moret

カナダ

  • Lane “Surefour” Roberts(LA Gladiators)
  • Brady “Agilities” Girardi(LA Valiant)
  • Liam “Mangachu” Campbell(コンテンダーズ ノースアメリカ:XL2 Academy)
  • Christopher “Bani” Benell(Houston Outlaws)
  • Félix “XQC” Lengyel
  • William “Crimzo” Hernandez(コンテンダーズ ノースアメリカ:Team Envy)
  • Lucas “Note” Meissner(Boston Uprising)

去年の2位チームのカナダとフランスチームのバトルは、双方実力を証明したいこの2チームにとって、いい試金石となりそうです。カナダは優勝争いに再び参加し、今度は勝つことを、フランスは世界の最強チームと張り合えることを証明しようと狙います。Surefour選手とSoon選手は、オーバーウォッチ リーグ初シーズン試合でそれぞれValiantとGladiatorsのメンバーとして、幾度も激突を重ねていました。彼らのウィドウメイカー対決は、試合の中で行われる一種のデュエルのようでしたが、今回もそれが見られるならば、マッチ全体の流れを作る要素となるかもしれません。形式上はカナダが低シードですが、準々決勝の中では比較的、優劣がはっきりしない組み合わせです。フランスがチームワークとトリプルタンク・トリプルサポート編成の完成度により、勝利を掴むのでしょうか? それともカナダがグループステージの戦い方をさらに強化させ、優勝への夢をつなぐのでしょうか?

中国

  • Shilong “Krystal” Cai(コンテンダーズ チャイナ:T1w Esports Club)
  • Qiulin “Guxue” Xu(コンテンダーズ チャイナ:LGD Gaming)
  • Xianyao “Yveltal” Li(コンテンダーズ チャイナ:LinGan e-Sports)
  • Junjian “Sky” He
  • Tianbin “LateYoung” Ma(コンテンダーズ チャイナ:Team CC)
  • Xing “Leave” Huang
  • Yangjie “Shy” Zheng(コンテンダーズ チャイナ:LGD Gaming)

フィンランド

  • Joona “Fragi” Laine(Philadelphia Fusion)
  • Joonas “Zappis” Alakurtti
  • Jonas “Shaz” Suovaara(Los Angeles Gladiators)
  • Benjamin “BigGoose” Isohanni(Los Angeles Gladiators)
  • Jiri “Linkzr” Masalin(Houston Outlaws)
  • Timo “Taimou” Kettunen(Dallas Fuel)
  • Tuomo “Davin” Leppänen(コンテンダーズ ヨーロッパ:Team Gigantti)

オーバーウォッチ ワールドカップのグループステージ開始時の中国は、優秀なチームメンバーを抱えているにもかかわらず、疑問視されていました。しかし、正確で効率的なチームプレイによって敵を消耗させ、一試合ずつ制していったのです。メインタンクのGuxue選手は、ここまでのトーナメントで脚光を浴びてスターとなったプレイヤーの1人です。中国のDPSロテーションは、他のトップ8チームのいずれとも十分対抗できるでしょう。しかし、フィンランドは低シードのチームの中でも特に強いチームです。仁川グループステージでは韓国を相手に5マップまで粘り続けており、そのメンバーリストは個人技に加えメンタル面も強いベテランプレイヤーが名を連ねます。去年、ビザの問題でチーム中国はベストメンバーをBlizzConに送ることができず、フィンランドもグループステージの通過に失敗しています。挽回を狙うこの2チームの戦いは、高レベルかつ内容的にも面白いバトルが期待できるでしょう。

韓国

  • Pan-Seung “Fate” Koo(Los Angeles Valiant)
  • Jun-Ho “Fury” Kim(London Spitfire)
  • Byung-Sun “Fleta” Kim(Seoul Dynasty)
  • Hae-Seong “Libero” Kim(New York Excelsior)
  • Seong-Hyun “Jjonak” Bang(New York Excelsior)
  • Tae-Sung “Anamo” Jung(New York Excelsior)
  • Jae-Hyeok “Carpe” Lee(Philadelphia Fusion)

オーストラリア

  • Ashley “Trill” Powell(コンテンダーズ パシフィック:Blank Esports)
  • Leyton “Punk” Gilchrist(コンテンダーズ オーストラリア:Dark Sided)
  • Huseyin “Hus” Sahin(コンテンダーズ パシフィック:Blank Esports)
  • Felix “CKM” Murray(コンテンダーズ パシフィック:Blank Esports)
  • Dario “Akraken” Falcao-Rassokha(コンテンダーズ オーストラリア:Sydney Drop Bears)
  • Scott “Custa” Kennedy(Los Angeles Valiant)
  • James “Yuki” Stanton(コンテンダーズ オーストラリア:Dark Sided)

韓国は今年も強力な優勝候補で、オーバーウォッチ ワールドカップ3連覇を狙っていますが、他国との差はかつてほど圧倒的ではありません。また、大きなメンバー変更があり、仁川ステージで勝利した7人のうち4人のみキープしていますが、選手層が厚いため、戦力が落ちることはないでしょう。特に、Libero選手とCarpe選手にFleta選手が加わることによって、韓国は前よりさらにDPSの柔軟性が増すことになるでしょう。オーストラリアは強チームの並み居るバンコクグループステージを突破し、観戦者を喜ばせると共に驚かせましたが、準々決勝では大きな壁に当たることになりそうです。韓国からマップを奪うには、秘策の1つや2つを準備する必要があるでしょう。

タレントチーム

  • Alex “Goldenboy” Mendez
  • Andrew “ZP” Rush
  • Brennon “Bren” Hook
  • Chris Puckett
  • Danny Lim
  • Emily Tang
  • Fiona Nova
  • Frankie Ward
  • Jake Lyon
  • Jonathan “Reinforce” Larsson
  • Josh “Sideshow” Wilkinson
  • Matt “Mr.X” Morello
  • Mica Burton
  • Mitch “Uber” Leslie
  • Soe Gschwind

BlizzConを自宅から視聴する方も、会場で観戦する方も、@owpathtopro@PlayOverwatchで興奮の展開をフォローしましょう!

次の記事を見る
ハースストーン
15時間

「燃えよ!炉端の集い!」7月分キーホルダーのデザインを発表!

「燃えよ!炉端の集い!」に申請、受理された炉端の集いに配布される7月分キーホルダーのデザインを発表するぞ!