ハースストーン

「激闘!ドラゴン大決戦」カード公開のおさらい – ドラゴン集結せん

「激闘!ドラゴン大決戦」カード公開のおさらい – ドラゴン集結せん

天空からの使者たちが、炎や氷、その他様々な属性の息吹で、迫る「激闘!ドラゴン大決戦」の開戦を高らかに告げている。少し前まで、空の王蛇たちの多くは分厚い雲の中を飛んでたが、ついに続々と姿を現したぞ。刮目して待て、力強き天空の王侯たちを!(そしてその同盟者や臣下たち、それと…ちょっとしたサプライズもな?)
 

海に生まれしウォリアー・ウェポン

誇り高き海の荒くれどもは、由緒正しき海賊流儀の武具にこだわるものだ。お馴染みのカトラスや、あるいはフリントロック式の高級ピストルとかな。とはいえ、希望通りの品が手に入らない場合だってある。そんな時、合理的なゴロツキなら、手近な何かを武器代わりにするもんだ。そしてどんな海賊船にだって、錨は必ずある、そうだろ?

そう、「イカリ」はクレバーなバッカニーアの代用クリーバーなんだ。怒りのままに錨を降り回すあんたの雄姿を見れば、怠け癖の沁みついた海のろくでなしどもも俄然殺る気満々になって、切った張ったの場に我先に飛び込んでくってもんさ。

HS_DoD_Blog_CardRevealRecap2_ML_v01_jpJP_Ancharrr_Inline_760x428.jpg

とらえ難きバンダースモッシュ

とらえ難き「バンダースモッシュ」は、合理的な説明や分類が一切不可能な、進化のワームホールだ。噂によると、そいつが悪党同盟に協力しているらしく、ラファームと手を組んだことを示す紫色を身にまとっているところを目撃されている。だが、詳しく調査しようと近づくと…パッ!バンダースモッシュは捜査の目を逃れ、特別かつ予測不能なヤツを自分の身代わりに残して行くんだ。

果たして、バンダースモッシュをとらえることはできるのか?いずれわかる時が来る…かもしれない。

HS_DoD_Blog_CardRevealRecap2_ML_v01_jpJP_Bandersmosh_Inline_760x428.jpg

激臭!ドラゴン大決戦

ドラゴンブライトにあのニオイが立ち込めてきたぞ。軽く焦げたニオイに腐食性の猛毒が混ざり合い、そして――これは?――そう、かすかな魔法の香り。鼻にツーンと来るこのニオイが示すのはただ一つ――全てのドラゴンの戦いを終わらせる、最後の大決戦が始まるんだ。

メイジには「魔法のアスペクト・マリゴス」が味方につき、さらに新たな味方や呪文で力を増大できるぞ。例えば「魔竜の息吹」は、ドラゴンの破壊的な魔力を利用して、呪文使いの魔法の技を拡張してくれる。一方、「ドラゴンキャスター」は味方にドラゴンが控えていると奮起して、離れ業めいた呪文詠唱を可能にしてくれるんだ。まさに「ドラゴンキャスター」の名に相応しい能力だな。

HS_DoD_Blog_CardRevealRecap2_ML_v01_jpJP_Dragoncaster_ArcaneBreath_Inline_760x428.jpg

祈願者の友

こんなに大勢の巨大なドラゴン達を酒場に入れるのは実に大変だ、特に「破滅の御子」みたいに増大する脅威となるとな。このドラゴンはガラクロンドに仕える数多くの臣下の一頭で、ガラクロンドに祈願が捧げられることにより、その力を増す。「破滅の御子」を解き放つ前にガラクロンドに2回祈願していれば、この臣下はその真価を発揮し、あんたの対戦相手の陣地を速やかにしっちゃかめっちゃかにしてくれるだろう。

HS_DoD_Blog_CardRevealRecap_ML_v01_jpJP_ScionofRuin_760x428.jpg

これら以外にも、数多くのカードが新発見されたばかりだ。「激闘!ドラゴン大決戦」のカードの多様性を調査したいなら、カード公開ウェブサイトを探検してみてくれ。それと、「激闘!ドラゴン大決戦」の開戦は12月11日だ、忘れないようにな。それじゃあ、また大空で会おう!

12月中旬に、ブログのコメントシステムが新しいものに移行される予定だ。それ以降、ブログのディスカッションはすべて公式フォーラムで行われるようになる。過去のブログのコメントはすべて利用できなくなるからな。

次の記事を見る
インサイド Blizzard
12月 4

新マップや新モードなどと共に「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」のシーズン1開始。

本日より、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」全プラットフォームにて、シリーズ史上最大の無料コンテンツが楽しめるシーズン1をプレイできます。