ハースストーン

マスターズ予選の改善内容について

マスターズ予選の改善内容について

ハースストーン・マスターズを発表した際、本プログラムには今後も変更が加えられることをお伝えしましたが、初めてのマスターズ予選が幕を閉じ、もうすぐ初めてのハースストーン・マスターズツアー・イベント(太平洋夏時間、6月14日~16日)が始まる現段階で、十分なデータとフィードバックが集まったため、変更に着手することにしました。

大会全体をコンパクトに

6月7日より、マスターズ予選大会の総数を削減します。これにあわせて、6月7日以降に始まる各マスターズ予選では、対応するマスターズツアーに招待される人数が2人になります。また、将来的には大会ごとの最大プレイヤー人数を削減することも考えています。

マスターズ予選は時間がかかり過ぎているために、大会形式をシングルエリミネーションに変更すべきだという提案が多く寄せられていました。これを考慮して、現在予定されているスイスドロー形式の大会の一部をシングルエリミネーション形式に変更します。

変更導入後の最初の週は、金曜日にスイスドローのマスターズ予選が3つ、土曜日と日曜日にはスイスドロー3つとシングルエリミネーション3つのマスターズ予選が開催されることになります。異なる形式のトーナメントを組み合わせることによる効果を見た上で、今後シングルエリミネーション形式のみに移行すべきかどうかを判断します。

また、継続的に上位に入ったプレイヤーの努力に報いるために、同一予選シーズン中に6回マスターズ予選のトップ8に入ったプレイヤーは、マスターズツアー・イベントに招待されるようになります。この変更は過去に遡って適用しますので、以下のプレイヤーがマスターズツアー・ラスベガスへの出場権を獲得します(おめでとうございます!)

  • hone
  • Warma
  • T4COTASTIC
  • Guntofire
  • Vinz
  • Saturos
  • Paradox
  • Cosmo
  • WoT
  • kirilius
  • 樂天盜賊
  • Bertels
  • Leta
  • Impact
  • pokrovac
  • SieraN
  • WaningMoon
  • Bequiet
  • SubUss
  • okasinnsuke
  • CmaccompH
  • gunzerker
  • Ostkaka
  • Jakattack

その他の変更について

スペシャリスト形式に関して皆さんから寄せられている主な懸念については、今後も記録を取って追跡したいと思いますが、グランドマスターズの開始から一定期間が経過して、最初の主要なオフラインイベントが終了しなければ、本形式の是非は適切に判断できません。ただし、ご安心ください。マスターズツアー・ラスベガス終了後に、スペシャリスト形式については再検討する予定です。

Battlefyの協力のもと、マスターズ予選に参加した全プレイヤーにアンケートを送信して、スペシャリスト形式の是非、大会形式をスイスドローとシングルエリミネーションのどちらにすべきか、招待者数をどう配分すべきかといったことについて、判断に必要なフィードバックを集めます。このアンケートは今後数週間中に実施されますので注目していてください。スペシャリスト形式の賛否や、マスターズ予選についてのご意見をお待ちしています。皆さんからのご意見と手元にあるデータを考慮した上で、適切な調整を行いたいと考えています。

Divider_2019Dragon_EK_600x100.png

ハースストーン eスポーツに貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。これらの変更によって、マスターズ予選の試合間の待機時間や大会全体で必要となる時間が短縮されることを願っています。

次の記事を見る
ハースストーン
4日

マスターズツアー・アーリントンを発表

マスターズツアーの次の開催地はテキサス州だ。