ハースストーン

10月のピックアップデッキを見てみよう!

10月のピックアップデッキを見てみよう!

LINEでは、週に3回(月・水・金)面白いデッキや流行りそうなデッキをピックアップして紹介しているんだ。これから10月にピックアップされた13個のデッキを紹介するぞ。

ピックアップデッキの一覧

カードの効果やデッキコードは画像をクリックしてDEKKIで確認してくれ。

コントロールハンター

相手が上手いと秘策を放置されたまま盤面を作られて不利になる?このデッキでそうなったら「ヴェノマイザー」+「ミサイルランチャー」コンボで一掃してやれば、こちらにだけ強力なミニオンと秘策が残せるぞ。「キャスリーナ・ウィンターウィスプ」を出すときは「実験台9号」が出てこないことを祈ろう。

隠せ!呪文ダメイジ

「クロークスケイルの化学者」は隠れ身と聖なる盾を持っているから、ミニオンの攻撃はもちろん、「地獄の炎」や「ドラゴンの憤怒」などで倒すのも困難だ。その「クロークスケイルの化学者」に「タスカーの漁師」や「老練のメイジ」で呪文ダメージをつけると呪文を恒久的に強化できるぞ。「苔むしたモノノケ」にぶっ壊されてしまう点には注意だ。

狂乱ハンター

「獰猛なスケイルハイド」のサイズが上昇すると凄まじいことになるのは「クエストローグ」で実証済みだ。このデッキは「ウィッチウッドの笛吹き」や「アシュモア伯爵夫人」で「獰猛なスケイルハイド」を確定サーチすることで、「凄まじき狂乱」に強化されて4/6になった「獰猛なスケイルハイド」を何体も繰り出すことができるんだ。

カトラスでもりもり回復 Controgue

生命奪取を持ち、耐久値を回復できる「亡霊カトラス」は攻撃力が高くなるほど強力になるぞ。「致死毒」に加え、メカメカ大作戦で追加された「毒物学者」のおかげで安定して武器を強化できるようになったんだ。

骰は投げられたローグ

デッキの大半を断末魔ミニオンで構成するという一見無茶なこのデッキを使って、あれっくす選手はレジェンド81位まで上り詰めたぞ。余裕があれば「人形師ドリアン」を出してから「骰は投げられた」で大量ドローして、相手を驚かせよう。

斥候プリズムパラディン

低コストの呪文と高コストのミニオンで構成されたデッキだ。「プリズムレンズ」を使えば「リッチキング」や「イセラ」のような強大なミニオンを4~5ターン目に召喚することができるぞ。「輝く瞳の斥候」からビッグムーブを狙うのも不確定だが強力だ。

秘策OTKパラディン

軽量秘策で序盤を制しつつ、《神聖なる恩寵》や《実験台9号》でデッキを圧縮し、長期戦になったら《断罪のウーサー・エボンブレード》で特殊勝利を狙うデッキだ。 《ゴルゴン・ゾーラ》と《老練の酒造大使》で手札に戻した騎士を出したあとにヒーローパワーを使うことで1ターンのうちに四騎士を揃えることができるぞ。

偶数ウォーロック〜クライヤミを添えて〜

もし「クライヤミ」を3体出すことができたとしたら、相手のデッキには「ロウソク」が9枚入り、そのうち3枚がめくれただけで「クライヤミ」3体がすべて同時に目を覚ますんだ。「召喚のポータル」か「グリンダ・クロウスキン」が生き残った状態で自分のターンを迎えられれば、「クライヤミ」複数召喚も夢じゃないぞ。

シャダウォック〜オーロラ風〜

「ジリアックス」の能力がついた「躯の駆り手」は「シャダウォック」コンボ完成までの時間を大きく稼いでくれるぞ。「悪意の銀行家」がチョイスされているのがこのデッキのイケてるところで、もし「ジリアックス」を引いてしまってもデッキに入れ直すことができるんだ。しかも、「悪意の銀行家」を使用しておけば「シャダウォック」コンボが失敗しても「サロナイト鉱山の奴隷」でコピーした「シャダウォック」をデッキに混ぜてくれるかもしれないぞ。

ミラクルアームプリースト

盤面の主導権を得た状態で「クエスト中の冒険者」を出すことができれば、軽量呪文を大量に使用するこのデッキではすぐに手をつけられなくなるくらいまで育てることができるぞ。手札が尽きないように「ノースシャイアの聖職者」で大量ドローできるかがこのデッキの鍵だ。

マーロックパラディン

「マーロックの戦隊長」が体力を増やさなくなっても、「バイルフィンの異端審問官」がスタン落ちしても、「動員」がコスト5になっても、「マーロックパラディン」はまだまだ戦えるぞ。単体でも強力なマーロックミニオン「水文学者」と、小粒なマーロックを一斉強化できる「太陽の番人タリム」が使えるのはパラディンの特権だ。

コントロールパラディン

b787選手がハースストーンワールドで使用したデッキだ。「メカーノ・エッグ」さえ場に出てしまえば継続的にミニオンを展開して戦うことができるぞ。「メカーノ・エッグ」をサーチできる「ミートワゴン」と、「ミートワゴン」をサーチできる「クリスタル学」のおかげで初動も安定しているぞ。

宇宙的強さのハンドメイジ

手札を大量に保持しながら戦うデッキだ。序盤は「亡霊の書」で手札を増やし、「山の巨人」や「トワイライト・ドレイク」で場を制圧しよう。中盤以降は「記録保管大臣」から「ルナのポケット銀河系」を使用し、「占星術師ルナ」で引いてくるミニオンをすべて1コストでマナが尽きるまで叩きつけていけるぞ。もしデッキを引ききってしまっても、「キング・トグワグル」か「アザリナ・ソウルシーフ」のコストが下がれば相手のデッキを完全に奪うことができるんだ。

10月のピックアップデッキは以上だ。使ってみたいデッキは見つかったか?あんたのデッキもDEKKIやyoutubeに投稿したらピックアップされるかもしれないぞ。最新のピックアップデッキはLINEアカウントのメニュー左上「本日のデッキ」からぜひ確認してみてくれ。

ハースストーン公式LINEの登録は以下から

次の記事を見る
ハースストーン
1日

燃えよ!インキーパースポットライト!6月号「shela」!

熟練の酒場の主人である「shela」を紹介するぞ!