Diablo II: Resurrected

「ディアブロ II リザレクテッド」パッチ2.3ハイライト | 12月初旬配信予定

「ディアブロ II リザレクテッド」パッチ2.3ハイライト | 12月初旬配信予定

平素よりディアブロⅡ リザレクテッドをご愛顧頂きましてありがとうございます。

今回はパッチ2.2.8配信以降の現状のインゲームの状態、及び今後12月初旬に配信が予定されておりますパッチ2.3の内容に関しましてご案内させていただきます。

現状のインゲームの状態について

11月6日(土)に配信されましたパッチ2.1.7にてセーブデータの保存先をグローバルデータベースから地域毎のデータベースに移行しました。これ以降、待ち時間が大幅に短縮されており、ピークタイムでも平均待ち時間は2-3分となっております。また、データベースが移行されたことにより、オンラインにおける保存データ巻き戻りも発生しなくなっております。

オフラインにおける保存データ巻き戻りに関して一部のプレイヤー様からご報告を頂いておりますが、オフラインでは現時点でオートセーブが実装されていないため、オプションからセーブして終了をして頂きますようお願い申し上げます。オフラインでのオートセーブは今後のアップデートで実装される予定となっております。(詳細はこちらの記事をご確認ください)

開発チームは今後もゲームサーバーの最適化の作業を続けて参ります。

12月初旬配信予定のパッチ2.3内容

複数の不具合修正/改善に加えて新機能も追加される予定になっております。今回その内容を先行してご案内させていただきます。言及されるコンテンツは最終的なものではなく、確定した詳細内容はパッチリリース時にパッチノートを公開予定です。

注意:このブログ内で言及されるコンテンツは最終的なものではなく、変更される可能性があります。


『オフライン難易度スケーリング』の機能実装

オンラインで協力プレイをすると人数に合わせてゲームの難易度(敵の強さや経験値、アイテムドロップ率)が上がっていく仕様が入っておりますが、こちらの難易度スケーリング設定がオフラインのソロプレイヤー向けにも実装されます。オフラインでソロプレイしているものの、ゲームの難易度を8人協力プレイと同等まで上げて豪華な報酬を得たいと考えていた方は、願いが叶うことになります。
【設定方法】
オプションメニュー➡「ゲーム設定」タブの項目「オフライン」の「オフライン難易度のスケーリング」のスライダーを調整
この設定を行うと、より強い新たなモンスターが出現し、その対価として倒した際に獲得可能な経験値とアイテムのドロップ率が増加します。

オフラインのシングルプレイヤーはデフォルトの設定は「1」になっていますので、難易度を1から8の間で調整することができます。たとえば、オフラインでプレイする際のモンスターの難易度をプレイヤー4人でプレイする際と同じまで上げたい場合は、スライダーを「4」に合わせましょう。20年前のオリジナルDiablo II版と同様に、スライダーで設定した難易度を反映させるには新たなゲームセッションを始める必要があります。


キーボード&マウスのクイック・キャストとアクティブ・スキルのキー割り当てオプション

現時点でキーボードとマウスでプレイする場合、プレイヤーはマウスの左右のボタンをクリックすることで呪文とプレイヤースキルを使用しています。そのため、同時に2つのプレイヤースキルまでしか使用できません。高度なプレイヤーはスキルを切り替えたい際にはファンクションキー(F1~F12)を使ってマウスの左右ボタンのキー割り当てを変更しています。そのため、現在割り当てられていないスキルを使いたいときは、別のスキルを割り当てたファンクションキーを押してからマウスボタンをクリックして使用する必要があります。

「ディアブロ II リザレクテッド」がコントローラーに対応したことで、12個のボタンをいつでも使用可能になりました。これらのボタンやトリガーボタンのいずれかを押せば、そこに割り当てられたスキルを即座に使用可能です。

プレイヤーの皆様からは、この機能をキーボード&マウスでも利用可能にしてほしいという要望が多く寄せられていました。当初、そのようなアプローチはオリジナルの体験からかけ離れてしまうことから敬遠していましたが、コミュニティから強い要望があったので導入することを決めました。

今後はアクティブ・スキル割り当てバーを使用できるようになります。これを使うと通常の画面下のHUDの上に追加のバーが表示されます。この追加バーに最大16種類のスキルを割り当てられます(ツールチップではF1~F8のみが触れられています)。さらに、「スキルのクイック・キャストのオプション」を有効にしておけば、これらのボタンを押した時に、左右のマウスボタンに再割り当てする代わりに、即座にスキルを使用します。「アクティブ・スキルの割り当てを表示」を有効にすれば、HUD画面上に現在割り当てられているスキルのバーを表示することもできます。今後はプレイヤーの皆様が、好みの操作を選べるようになります。


アクセシビリティ&グラフィックの改善

UIビジュアルの改善

  • フロントエンドのユーザーインターフェースを向上させるためのビジュアル調整
  • ミュートが分かりやすいようにインジケーターを追加
  • キャラクターレベル/エキスパンション情報をロビー画面で公開
  • チャットメッセージを送信する際に、送信先チャンネルの変更方法が分かりやすいように改善
  • フレンドリストでのBattle.netのリアルIDフレンドのリアルID名を表示

ゲームプレイの改善

  • 対人戦で「ミス」のテキストインジケーターを追加
    • 設定方法:オプション➡「ミス」テキストを有効にすると、PvEとPvPで相手に対する攻撃がミスした場合にテキストが表示されます。

  • プレイヤーが投げられるものを持っていなくても、「投げる」をキーに割り当てられるように修正
  • 新たなキー割り当て「強制移動」の追加

オーディオの改善

  • 効果音の追加
    PCやゲーム機でコントローラーを使用している場合、オプションメニュー操作中に効果音が鳴るようになりました。また、キャラクターのベルトにポーションが自動割り当てされた際にも効果音が鳴るようになりました。

グラフィックの改善

NVIDIA DLSS(ディープラーニングスーパーサンプリング)技術に対応したNVIDIAグラフィックカードを利用している場合は、グラフィック設定メニューでDLSSを有効にすれば、高いGPUパフォーマンスを維持したまま、グラフィック品質と解像度を向上させられるようになりました。


PTRと今後のアップデート

パッチ2.3配信とは別で、数週間後にPTR(公開テストサーバー)が開始されます。

こちらはゲームに導入するバランス調整やバグ修正、その他の改善をテストするためのサーバーです。ここにプレイヤーの皆様全員をご招待致します。実施が近づきましたら、PTRにアクセスして変更内容を試す方法の詳細をご紹介します。

今回のPTRの主な目的はデータベースの根本的な問題を修正して、オンライン環境を安定化させることです。これらの修正に問題がないと確信が得られ次第、ラダーのランクプレイなど新たなシーズンや新機能の詳細を随時更新していきます。

本作の改善に向けて、この先もコミュニティの皆様が重要な役割を果たすこととなります。今後もアップデートや改善が行われるたびに、皆様からのフィードバックを収集し、反映していきます。

「ディアブロ II リザレクテッド」の詳細はこちらの公式ウェブサイトをチェックしてください。これまでのパッチ内容などは公式ブログをご確認ください。

また、日本公式Twitterの@playdiablo_jpでは最新情報をリアルタイムで発信して参ります。

次の記事を見る

注目のニュース