Call of Duty®: Vanguard

「コール オブ デューティ ヴァンガード」ゾンビモード—ダークエーテル・サーガの次章

「コール オブ デューティ ヴァンガード」ゾンビモード—ダークエーテル・サーガの次章

1944年、スターリングラード。ダークエーテルの魔法が死者に命を吹き込み、戦死兵の共同墓地から呼び覚まされます。これはTreyarch Studiosの開発による「コール オブ デューティ ヴァンガード」ゾンビモードで、11月5日の「ヴァンガード」のローンチとともに、シリーズ初のクロスオーバーで新たなキャラクターと新たな恐怖がプレイヤーを待ち受けます。

この4人制のCo-opでは「コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー」で最初に登場したダークエーテルの物語がさらに展開していきます。第二次世界大戦中、廃虚となったスターリングラードを舞台に、今回の新たなゾンビモードは人間がダークエーテルの存在と手を結ぶという超自然の片隅へとプレイヤーを導きます。全ては絶大な力を得るために…しかしその代償は?

ヴァンガード」ゾンビモードのストーリー—「Der Anfang」

全てはプロジェクト・エンドステーションで、ダークエーテルのゲートが開かれたことから始まりました。ナチスの実験が大失敗し、次元のベールに穴が開けられ、その影響は至る所に及びました。誰もが思いもよらないほどに。

特殊部隊の隊員たちは、不滅のコーティフェクスの闇の魔法のせいでスターリングラードの雪降る墓地で立ち往生し、援護も通信手段もありません。コーティフェクスは、あの世の神器を介して人間と結びついた、ダークエーテルにいる5体の存在のうちの1体です。その他の、サラクシス・ザ・シャドウ、ノーティカス・ザ・コンカラー、インヴィクター・ザ・デストロイヤー、ベルカー・ザ・ウォーロックの4体は、コーティフェクスに反発しています。

「Der Anfang」すなわち「始まり」では、憎き敵であるウォルフラム・ボン・リスト准将に奪われた神器を介して、これらのダークエーテルの存在をプレイヤーに紹介します。ボン・リストは、戦争をナチス優勢に変えるべく、神秘的な古代の遺物を探すDie Wahrheit大隊の指揮を執っていました。

そして今、コーティフェクスと結びついたボン・リストは、死者を蘇らせる力を手に入れたのです。ナチスが第二次世界大戦でも有数の大決戦で大敗を喫してから1年、アンデッドの軍を作るのに、スターリングラードの共同墓地ほどふさわしい場所が他にあるでしょうか?

工作員は、予想外のところから差し伸べられた助けにわずかな希望を託すことになります。ゲイブリエル・クラフト教授は、ボン・リストから5つの神器を見つけ出すよう強要された悪魔研究者で、隊員たちがそこに閉じ込められる原因となった救難信号を発信していました。彼の導きと、不滅のコーティフェクスと戦う4体の存在の助けを得て、彼らから特別な新しい力を授けられれば、束縛の呪文を解き、アンデッドの大群がヨーロッパ全土を襲うのを阻止できるかもしれません。

すぐに楽しめる—まったく新しいゾンビモード

第二次世界大戦の舞台に再び飛び込むと、ゾンビの物語は「コール オブ デューティ」のゾンビサーガが最初に始まったルーツへと戻ります。この新しい一章では、Treyarch StudiosはSledgehammer Gamesの効果的な「ヴァンガード」の技術を使用し、長年のファンでも新規プレイヤーでも楽しめるような情け容赦ない新たな環境に、誰もが没頭できるようにしました。

今すぐポータルに入り、ダークエーテルの魔法で戦いのど真ん中に飛び込みましょう。雨降るホテルロイヤルの屋上でアンデッドと戦うことになるかもしれませんし、ファンに人気の高い死の沼をゆっくりと進むことになるかもしれません。目標の合間には、スターリングラードの常に拡張を続ける前線基地を探検して、PERK、武器アップグレード、パック・ア・パンチといった従来のアップグレードにアクセス可能です。「ヴァンガード」ゾンビモードで、アンデッドの群れに囲まれて身動きが取りにくい場所を進むことになるのは時間の問題です。

「Der Anfang」では、強力な盟約の祭壇など、新たなアップグレードもゾンビモードにもたらします。

新たな力:盟約の祭壇

盟約の祭壇に戦利品アイテムの新しい心臓を捧げると、目標から戻るたびに、ランダムで登場する様々なものからアップグレードを選べます。例えば、弾薬グレムリンなら装備していない武器が少しずつリロードされ、脳死ならゾンビを味方に変え、不浄の地ならチョークポイントや目標を抑えます。選べる盟約は豊富にあり、プレイヤーのアプローチ方法を多様にしてくれます。

こうしたアップグレードのランダム化は、全てのマッチに独特の味を出すでしょう。他の武器や能力と組み合わせれば、盟約の祭壇はかつてゾンビモードで体験できなかったような独特のゲームプレイビルドを作ることを可能にするのです。マシンガンを使うストゥルムクリーガーや、爆発力のあるブーム・シュライアーといった、新しく恐ろしい敵と戦うには必要になるはずです。

全モードおよびプラットフォームに接続可能

クロスプレイおよびクロスジェン

マルチプレイヤーと同様、ゾンビモードのプレイヤーはプラットフォームや世代にかかわらず集まることができるため、最強の仲間がどのプラットフォームでプレイしていても、チームを組むことができます。

バトルパスおよびプレイヤー進行状況の統合

マルチプレイヤー、「コール オブ デューティ ウォーゾーン」、ゾンビモードで統合された進行状況を使って、「ヴァンガード」のバトルパスシステムを進めましょう。プレイヤーレベルは各モード間で共有されるので、完全に統合されたゲームを同時に進むことになります。

今すぐデジタル版を先行購入

11月5日に「ヴァンガード」が発売されたら、ボン・リストと不滅のコーティフェクスを相手に戦いましょう。今すぐBattle.netショップでデジタル版を先行購入し、「ブラックオプス コールドウォー」と「ウォーゾーン」で使用できるアーサー・キングスリー・オペレーターとマスタークラフトSMG「Night Raid」を手に入れましょう。

デジタル版を先行購入をすると、ゲームを一足早くプリロードできるようになるので、11月5日にゲームがローンチされたらすぐに戦えます。全てのデジタル版の先行購入にはFrontline武器パックが含まれ、「ヴァンガード」用に7つのアタッチメント付きSMG、8つのアタッチメント付きSMGの武器設計図が1つずつ入っています。デジタル版クロスジェンバンドル、またはアルティメット版を注文すると、さらなる報酬がもらえます。

ヴァンガード」のさらなる情報をチェック

Activision Games Blogを定期的にチェックして、「コール オブ デューティ ヴァンガード」の最新ニュースやさらなる情報を入手しましょう。今回は以上ですが、皆さんの幸運を祈っています。11月5日からダークエーテル最強の敵を相手にするには、きっと運も必要になるはずですから。

全ての戦場で最前線を駆けろ。

「コール オブ デューティ ヴァンガード」の詳しい情報につきましては、www.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、Twitter、Instagram、Facebookで@SHGames@Treyarch@RavenSoftware@CallofDutyをフォローしてください。

© 2021 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY BLACK OPS、CALL OF DUTY VANGUARD、CALL OF DUTY WARZONE、WARZONEはActivision Publishing, Inc.の登録商標です。

Activision製品に関するより詳しい情報は、TwitterFacebookInstagramで@Activisionをフォローしてチェックしましょう。

次の記事を見る

注目のニュース