インサイド Blizzard

ゲームディレクターからのメッセージ – BlizzCon 2019

ゲームディレクターからのメッセージ – BlizzCon 2019

「ディアブロ」ファミリーの皆さんへ

BlizzConにご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。公開したシネマティックトレーラーで、現在開発を進めている本作のビジュアルや雰囲気をお伝えできたのなら幸いです。

あわせて公開したゲームプレイトレーラーでは、一部のクラスやモンスター、そしてオープンワールドへと進化を遂げる物語の舞台を紹介させていただき、皆さんと共に「ディアブロ IV」の長い旅路の第一歩を踏み出すことができました。会場やオンラインでお寄せいただいたさまざまな質問や反響から、皆さんがさらなる情報を期待していることを実感しています。

週末のデモプレイや闇のギャラリーを取り囲んだ長蛇の列は途切れることなく、数え切れないほどの配信者やメディア、そしてファンの皆さんにお越しいただきました。デモプレイを複数回にわたってプレイするために、何度も列に並びなおしてくださった多くの皆さんには感謝しきれません。皆さんの「ディアブロ」に対する想いや思い出の数々に、私たちも共鳴し、背中を後押しされています。

今週はBlizzConで得た収穫をもとに社内でも議論を重ねており、「ディアブロ IV」のアートや機能、システム、世界観について充実した話し合いが行われています。来年の2月には、3か月ごとのアップデートの第1弾として、さらなる情報を公開する予定です。制作を進めながら、こうして皆さんにもゲーム内のさまざまな要素の開発の裏側を定期的にお見せしていくので、どうかお楽しみに。

また、特に皆さんの注目を集めているトピックについても承知しています。アイテムやステータスに関しては、皆さんと同様、私たちのチーム内でも熱い議論が交わされています(公式フォーラムだけでなく、外部サイトの議論についても隈なく目を通しています!)。このトピックへの取り組みは、私たちにとっても最優先課題です。来期には、リード・システムデザイナーのデイビッド・キムより、私たちの考えや、一部の質問とそれに対する回答をまとめた上で、最新情報をお届けする予定です。

最後にあらためて、開発チーム一同を代表してお礼を申し上げます。BlizzCon 2019にご参加いただいた皆さんに、心からの感謝をお伝えします。本当にありがとうございました。

リリス万歳!それでは地獄で会いましょう!

ルイス・バリガ

「ディアブロ IV」ゲームディレクター

次の記事を見る